一般内科・循環器内科・皮膚科専門外来|医療法人社団松慶会 赤坂一ツ木通りクリニック

循環器内科の赤坂一ツ木通りクリニック
EPARK
お電話でのお問合せ

診療日 月~金 / 休診日 土・日・祝 | 診療時間 8:30~12:30(締切12:15 / 初診12:00)13:30~17:30(締切17:15 / 初診17:00)
お問合せ
ご予約
TOP > 一般内科とは > 花粉症
禁煙外来
睡眠時無呼吸検査外来
メタボドッグ
抗加齢ドッグ
健康診断

花粉症

pollinosis

花粉症対策

毎年悩まされる花粉症。花粉症の症状を軽減するには早めの治療が大切です。当院では薬(内服、点鼻、点眼)での治療法をご案内しています。

花粉症治療の薬は、眠くなるから困ると悩まれる患者様が多いですが、中には眠気が出ないものもあります。

市販薬で多い第一世代の抗ヒスタミン薬は、くしゃみや鼻水は止めますが、眠気が強く、口が乾くなどの副作用がありました。その副作用を軽減するために新しく開発された第二世代の抗ヒスタミン薬は抗アレルギー薬とも呼ばれ、ほとんど眠気が出ないものもあります。

当院で処方している主な抗アレルギー薬は、クラリチン、アレグラ、アレジオン、エバステル、ジルテック、アレロックなどがあり、それらの薬の効果を3段階に分けた目安は以下のようになります。

抗アレルギー薬
用法・用量 眠気 効果
クラリチン 1日1回 ほぼない やや高い
アレグラ 1日2回 ほぼない やや高い
アレジオン 1日1回 少々ある 高い
エバステル 1日1回 少々ある 高い
ジルテック 1日1回 ある かなり高い
アレロック 1日2回 ある かなり高い

鼻水や鼻づまりなど、症状の強弱によって処方する薬を分けています。

鼻水、鼻づまりが強い場合

上表の抗アレルギー薬に加え、点鼻薬を併用します。直接鼻の粘膜に働きかけ症状を緩和します。こちらは眠気が出ません。

目のかゆみが強い場合

上表の抗アレルギー薬に加え、点眼薬を併用します。かゆみなどに対して即効性があります。眠気が出ることはほとんどありません。

その他

授乳中の方、妊娠されている方、妊娠の可能性がある方は主治医にご相談ください。

設備・検査
診療日 月~金 / 休診日 土・日・祝 | 診療時間 8:30~12:30(締切12:15 / 初診12:00)13:30~17:30(締切17:15 / 初診17:00)
お問合せご予約
〒107-0052
東京都港区赤坂3丁目15-9 ACRビル3F
東京メトロ千代田線、赤坂駅1番出口より徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線・銀座線、赤坂見附駅10番出口より徒歩5分